読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文系のプログラム初心者が講座に参加し、勢いだけでSwiftでiPhoneアプリを開発してきた話。

はじめに

春休みだ。このまま何もしないとニートになってしまう。(注 : 意識が高い訳ではない)

そうだ何かスマホアプリ作ろう!(´・ω・`)

 

とは言ったものの

  • スマホのアプリってどうやって作るのかわからない。
  • Xcodeを使うらしいが、使い方わからない。
  • そもそも何から始めたらいいのかもわからない。

 

文系人間でも何とかなりそうな、かつ、無料の講座を探すことにした。

そこで、ネットサーフィン(困った時、自分はいつもセミナー・勉強会・イベント管理ツール | Doorkeeper)してて見つけたのがmoreiが主催している&Codeというもの。

女性向けアプリの講座や文系のプログラミングわからない人向けに講座を開講していて、情報系だと、初心者が参加するにはハードルが色々な意味で高い講座が多い中、比較的珍しいタイプの講座だなと感じて、参加してみることにした。

自分が参加したのはこれ↓

morei.doorkeeper.jp

 

ということで&Codeに参加した

講座は全4回で、平日の夜に開催され、テキストを読みながらコードを書き、わからないことは適宜、講師の方に聞いていくスタイル。

Swiftで基本的なベースアプリを作った後、それを応用して何か最終的にアプリケーションを実装していくもの。

最終的に自分はストップウォッチ的なものをベースにして3分タイマーを作った。(テストだが、とりあえずアイコンも作った)

計画性があまりなくて最終回の行きの電車の中で完成した。

「3min Watch」アプリ概要

「色々なスタイルで3分測ってみよう」

音楽が鳴ったり、四角が画面の中で動いたりする。

機能拡張は今後できると思う。

 

f:id:yu-tayu:20160317155333p:plain

f:id:yu-tayu:20160317155701p:plain

f:id:yu-tayu:20160317155128p:plain

 

 初めてXcodeとかSwiftを使ってみて地味に引っかかったところたち

  • 実機転送(iPad miniしか持ってない)でひっかかった。→iPad miniで実機転送したらレイアウト崩れて修正。
  • Swift2.0から記述方法が色々と変わっている。外部の参考テキストがちょいちょいバージョン古いためグーグル先生をひたすら使う。
  • UIのアクションのリンクがよく切れている。→自分が悪い。
  • 色々とインストールできない。→Xcodeを再起動 or macを再起動。
  • 突然落ちる。→落ちたものはしょうがない。
  • ビルドしないとimportできないことがある。→ビルドしよう。
  • いつの間にかBreakPoint。→解除しよう。

 

最終アプリは作りながら色々と道を外れた

  • サンプルでは全く触ったことがなかったSpriteKitをメインに実装。
  • CreateJSと似ていて割と書きやすいということを発見した。

結果

とりあえずスマホアプリできたぞ!!!

 

&Codeに参加してみて、ふと考えなおしたこと

「初心者は何がわからなくて引っかかるのか」

プログラミングを勢いで始めてほぼ1年経つ訳ですが、結局、プログラミングをやる上で初心者が何に悩むのかがちょっとでも分かってきたような気がした。

&Codeはプログラミングが本当に初めてという人も多く、割と最終のオリジナルアプリの作り方や質問の仕方で悩んだ人も多かったようだった。自分も何を作るか悩んだ。

ここで自分がここ1年でやらかしたことも含めてまとめてみる。そして、まとめてみると大体どの言語でも共通する点なような気がする。←自分が見事にこれだった。今でもこれ。

 

ここでひっかかる一覧

  1. 細かい専門用語が気になって手が止まる
    本当に最初の最初はこういうものだと割りきって気にしない。
  2. 最初から大きなものを作ろうとする
    小さくできるところまで小さくする。わからなければ聞く。
  3. 質問の仕方がわからない
    「何がしたくて、こうしたら、このようになった」で大体何とかなる。困ったらスクショ。

  4. 質問の仕方がわからないからと質問しない
    上の3はまあ置いておいて、まずは何でも良いから早い内に手を挙げる。後からだと時間無くて大体解決できなくなる。
  5. できないことからやろうとする
    BestよりBetter。こういうアプリを作りたいけど、まずはここまでならできそう。という「できる」ところからやる。その結果3分にこだわることになった。

大体共通して自分が←(´・ω・`)こんな感じ

初心者が多い場合、最終アプリもやりたいことをまずは書き出して、自分にできることを誰かに指し示してもらうことでアプリがぐっと作りやすくなるかもしれません。

 

&Codeに参加して良かったこと

  • 自分のようなプログラムをゴリゴリ書けないという人Swiftを触ってみるきっかけになる。
  • 何か意地でも作ろうという気持ちになる。
  • アプリができた!!!!(´・ω・`)

&Codeに(とても個人的に)今後期待すること

  • 遠距離からも参加できると嬉しい。(とても個人的なことで申し訳ありませんが交通費とかの問題)
  • 次の段階向けの講座も開いていただけると嬉しい。

 

&Codeやmoreiに関して

主催のmoreiさまのブログ

morei.hatenablog.jp

 

 

 

その辺にいる人